こんなのはじめてぇ~っ! コテチの一人遊び…

~のらりくらり~ と、オイラの何気ない「日々の出来事・想い」を「過去の忌々しい記憶」にとらわれながら綴っています…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜオイラにはこんなのばっか寄ってくる?

              チュッ☆^ヽ( ̄・ ̄*)=(* ̄・ ̄)ノ^☆チュッ




はいはいはーい!


押さないで押さないでー!


順番だから押さないでぇー! ((((ヽ(`0´)ノ))))ストップ!ストップ!





全国のコテチファンに取り囲まれモミクチャにされ


サインと握手と投げキッスを求められてるのを妄想しているコテチです。 m(__)mペコリィ



んなもん、いるわきゃぁねーんだけどね・・・










オイラはこの年まで、沢山の色々な人と出会い、知り合って来た。


バーチャルの世界でもリアルでも、本当に沢山の人と知り合った。


つい最近も仕事上の関係で一人の女性と知り合い、情報交換も含め、


スカイプでよく話すようになったんだけど、



それがさぁ~、、、、、 (・_・) ン? どったの?







その女性、仮の名を「M子」としよう。


そのM子とはここ数カ月の間に仕事関係で知り合い、


仲間と言うか、とにかく互いに協力関係の立場ではあるんだけど


在住地は関西方面で年は今年39になるオイラより二つ年下でさ、


年相応には見えないぐらい童顔で、話し方なんかもどちらかと言うと


「キャピキャピ」した感じで話す女性なんだけどね、


んでもってメチヤクチャ気持ちが若いせいか、オイラが相手に合わせて話す感じなんだけどさ。


そのM子とある日スカイプで何度か目の仕事の話をしながらついつい世間話もしていたら・・・






コテチ: ああ、そうだな、んじゃ今度はそれ企画しよう! 宜しくな^^


M子: はぁ~い こちらこそ宜しくですぅ~、コテチさぁ~ん^^


コテチ: んじゃ、今日はこの辺でと言う事で、仕事戻ろっか?w


M子: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


コテチ: ん? おーい? M子? あれ? 落ちちゃったかな?






それはさ、突然やってきたんよ、ホント、いきなり来た。


ここまでの会話は前半長いので割愛してるけど、ごくごく普通にいつも通り話してたんだけどさ、


この日、オイラはとんでもない体験をする事になったんよ!


それもいきなり、突然にさ、もうビックリなんてもんじゃないし、


ドラマや漫画の世界ではよく見聞きする話だけど、


まさかオイラがそんな体験するとは思ってもみなかったからさ。








コテチ: おーい、M子? 聞こえてるかー?


M子: ・・・・・   ウ、ウゥ・・・ あ、 あぁ、き、聞こえてる・・・ぜ・・・


コテチ: ???  ん? M子? どうした? 大丈夫か?


M子: よぉ、あんた、聞こえてるか?


コテチ: ・・・・・・  はい?


M子: オレの声が聞こえてるのかよ? よぉ、アンタ!


コテチ: あ、あぁ、聞こえてるけど、M子どうしたお前? なんか変だぞ?


M子: オレはM子じゃねー!









              (。=`ω´=)ぇ?








コテチ: おい、どうしたんだよ? 何言い出してんだお前? M子じゃなかったら俺は今誰と話してんだ? カメラ映像出しながら話してんだから人が変われば分かるだろうがよ? ってか、お前、目座ってねーか? どうした? 具合悪いのか?


M子: 具合なんか悪くねー! それにオレはM子じゃねー! オレの名前はサンドラだ!










(゚ー゚?)(。_。?)(゚-゚?)(。_。?) あのぉ~、訳分かんないんですけどぉ・・・?







コテチ: あ、あのよ、ふざけるのとか冗談は別に嫌いじゃねーけど、そうゆうのって状況考えてやろうぜ? 今、仕事の話してたんだし、急にそうゆうのって俺切り替えできねーからさ・・・


M子: オレはぁ~、ふざけてなんかぁ~、いねー! 今ぁ~、アンタの目の前にいるのはぁ~、M子の中にいた別の人格だ!


コテチ: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???


M子: オレはぁ~、M子の中で眠ってたぁ~、別人格のぉ~、サンドラだ!







余りにも急な展開、豹変振りでさ、オイラもなんて返したらいいのか分からなくて


もう、ホント、訳分かんなくてさ、


早い話、本当かどうかは分からんが、このM子と言う女性は自分曰く「多重人格者」らしく、


オイラとの会話の中で、何かの「言葉が引き金」になって出てきたみたいで、


とにかく、オイラは沢山の人と出会い、知り合ってきたし、その中には色々な人がいるのも十分わかってるけど


まさか人格障害がある人、それも多重人格なんて人は初めてだからさ、


その急変振りにさすがのオイラも思わずたじろいだし、


気持ち悪くなってきたからスカイプ切ろうかとも思ったんだけど、


そのまま話を聞いていたら結構面白い事になってきたんで続けたんよ。











コテチ: な、なに? お、お前、二重人格? それとも多重人格なのか? 精神疾患とかあるのか? 病院行ってる? 解離性障害なの?


M子: M子の中にはぁ~、オレを含めぇ~、25人別人格が存在する! オイ、あんた、オレからあんたに頼みがあるんだ、その頼み、聞いてくれるかぁ~?


コテチ: ハァ? 25人? そんなにいんのか? ってか、なんだ頼みってよ? 聞かなきゃわかんねーし、聞き入れられるかは内容次第だが、お前、マジでそれ芝居じゃなくて本当に人格入れ替わったんか?


M子: 何度も同じ事言わせんじゃねーっ! オレはサンドラだ!


コテチ: お、おぉ、分かった、サンドラな、お前はサンドラなんだな? んじゃ、今からサンドラと話すけど、なんだよ願いってよ?


M子: アンタにぃ~、頼みたい事っていうのはぁ~、オレがアンタの前に出てきた事をぉ~、M子に言わないでほしいんだぁ~。 頼めるかぁ~? 絶対にいわねーでほしいんだぁ~。


コテチ: 言わねーでほしいも何も、お前自身がM子なんだから、もう分かってるだろうがよ? 人格入れ替わってもM子聞いてるんだろ?


M子: いや、今M子は眠っているぅ~、だから、オレが出てきてアンタと話をしている事はM子は分かってねーんだぁ~。


コテチ: ふ、ふ~ん・・・  そ、そうか・・・ 良く分かんねーけど、分かった、んじゃ、M子に戻ったらサンドラに変身した事と、会話した事、言わなきゃいいんだな?


M子: あぁ、すまねぇ~、そうしてくれぇ~、頼むぜぇ~。


コテチ: けど、何で言っちゃいけねーんだよ? どうせM子自身が多重人格者って自分で分かってんだろ? なら話してもいいんじゃねーのか? 駄目なのか?


M子: あぁ、そいつだけはやめてくれぇ、確かにM子、こいつは俺達の存在を知っている、けど、主人格以外の人格が出たと知るとぉ、こいつはまたリスカするにちげぇーねーからな・・・


コテチ: ああぁ?  なんだお前、リスカしてんのか? なんでよ? リスカするって事は、存在意味や意義、自覚や証明が欲しいからやる奴が多いんだぞ? お前、生きてる感ねーのか?


M子: オレじゃねーんだぁ、M子の馬鹿が自分でリスカやるんだ、だからアンタには黙ってて欲しいんだぁ。


コテチ: んじゃ、ちと腕見せてみろよ? リスカどんぐらいやってんだよM子は?


M子: それはできねー、オレの体じゃねーからな、M子に断りなく見せる訳にはいかねーんだよぉ。分かってくれ


コテチ: ハァ? なんじゃそりゃ? 意味わかんねーし・・・ お前がそのまま腕上げればいいだけだろうよ? 手首か? 腕全体か?


M子: 手首だぁ・・・


コテチ: ふぅ~ん・・・






なんか妙な感じでさ、どこまでがマジな話なのかがさっぱり読めなくて・・・


言ってる事に矛盾も多すぎるし、都合が悪くなると「そいつはできねー」とか言い出すし・・・


でも、まぁ、確かに、急に人格が変わって? から、明らかに二重まぶたは一重に変わってるし、おもっきし目は座ってるし、

声なんかもさ、はじめの「オキャンピー声」から酒ヤケしたかのような、喉を締め付けられてると言うか、押し潰されてると言うか、、


または声を無理やり押し殺して出してるかのような感じに変わってたし、


口調も完全に荒くなってたし、甲高い声から男のような低い声になったし、


あながち嘘じゃなさそうな気もしたんだけど、もしかしたら思い込みの激しい独りよがりなのか?とも思ってさ


でも、もしこれが芝居だったら、物凄ぇー演技力だと思うぐらい表情は変わってしまって、


こんなふうに多重人格の人をどのように扱えばいいのか、スカイプ会話中に急いで解離性障害に対する


対応のマニュアル検索かけてさ、でも、そんなもん読みながら会話も出来ないからそのまま続けたんだけど。







コテチ: んで、え~っと、サンドラだったな? 俺は今、M子と話してたから、M子出してくんねーか?


M子: M子はぁ~、今ぁ~、眠っているぅ~、そいつは出来ねー話だな。








   (●>ω<●)そりゃ来た!w こいつヤバイ、笑いこらえきれねーw







コテチ: そ、そうですか・・・w じゃあ、仕方ねーな・・・ んで? お前はなんで出てきた?


M子: よぉ、アンタ、アンタは深い所にいるな、オレが出た来た理由、それはM子は人を一切信じない女なんだ、けど、M子はオレをアンタの前に出した、これが何を意味してるか分かるかぁ?


コテチ: 急にそんな事聞かれても知る訳ねーだろ、んなもん! 大体、M子が多重人格だって事だけで今こっちは動揺してるし驚いてんのによ! それも急に人格変わってどうして良いかもわかんねーのに・・・


M子: だろうなぁ・・・  よぉ、アンタ、アンタは相当深けぇー闇を心に持ってるなぁ、そんなに深けぇー闇を心に持っておきながら、なんでそんなにお人好しでいられるんだ? 苦しんでるM子に教えてやってくれよぉ、チッ! こいつ、邪魔しようとしてやがる!


コテチ: はいぃーっ? 闇?  ホント、マジでどうちゃったんお前? んで、何が邪魔するって?


M子: M子だよ、M子が目を覚まそうとしてるんだぁ! このままじゃオレがアンタに言いたい事、伝えきれねーぜ! とにかくアンタよぉ、そんなダークな精神世界にいるのに、なぜ人に優しく出来るのか、お人好しでいられるのか、M子に教えてやってくんねーかぁ~?








ギャハハハハハー!(*≧ε≦*)ノ彡☆バンバン!!


何なんだよこいつ~♪


頼むから笑わせんなよ~!w


深ぇー闇って、なんでお前にそんな事わかるんじゃ?w


勝手に決め付けんなっちゅーの!ww


それに「ダーク」ってなに?!wwwww


オイラってそんなにダークなイメージ?w


確かに容姿は強面ですけどね?w


金八先生の時の三原順子じゃねーんだからよw


ヒィーッヒッヒッヒ(o_ _)ノ彡☆ばんばん


顔はヤバイよ、やるならボディーにしな、ボディーにみたいに言うなよぉwwww







コテチ: そ、そうかぁ? 俺、そんなに深い闇持ってるん?w なんでそう思った?w 何か感じたのか?w


M子: M子はなぁ~、心に深い闇を持ってるんだよぉ~、人を信じたが為に心に深い闇を持ってしまったんだぁ~、M子はぁ~、若い頃横浜に住んでてな、その時、仕事関係者からアンタと同じように物凄いストーカー行為を受けてたんだぁ~、それが酷いトラウマになってよぉ、それからこいつは俺達を次々と生み出した、人も信用しなくなったぁ、けどよぉ~、M子はアンタを信用したからオレを出して来たんだろうぜぇ~、同じ闇を持つ者同士、M子はそれを感じ取ったからオレをお前の前に出してきたのさ、分かるか?


コテチ: ん? ちと待て、お前、今なんつった? お前サンドラっつたよな? オイ、サンドラ! お前、年なんぼ?


M子: 38だぁ~。


コテチ; オイ、コラァー!黙って聞いてりゃあテメー! 調子くれてなめた口きいてんじゃねーぞ、オウ? 年下にお前呼ばわりされる覚えねーんだよ! オメー邪魔だ、引っ込んで眠ってろ!


M子: ・・・・・・・。 すまねー、、、 んじゃあ~、ア、アンタでいいかぁ? いや、アニキ、アニキッて呼ばせてくれぇ~、 それならいいかぁ~?








              ギャハハ(*≧д)ノシ彡☆




げははははは_(__´Д)ノ彡☆ばんばん!
   


ア、アニキwwwwwwwwww


こ、今度は「アニキ」かよ?w  なんなのこいつ?


人格障害、これはなってる者には相当辛いものらしいけど、


このやり取りは笑わずにはいられねーよ?w


最初は戸惑いや驚きがあったけどさ、まさか日は浅いとは言え、


自分の知り合いがそんなんになってるなんて思わないじゃん?


しかも、ちゃんと会話出来るってどうよ?w


それに話してておかしいとは思ったんだよな、だって関西人だって言うのによ?


普通に標準語喋るからさ、全然関西なまり全くでねーし?


こんな事言っては自分でもどうかと思うけど、この子、やっぱ頭イッちゃってるんだろうか?


急な事態だからなんとも言えんが・・・ 何が目的なのか? 役者目指してるんかなぁ?w





コテチ: 今度はアニキかよw まぁ、なんでもいいけどよw 少しは礼節、礼儀覚えろよ。親しき仲にも礼儀ありだぞ! 俺は厳しい上下関係の縦社会に居たからよ、そうゆうのうっせーんだよ! んで、話は変わるが、他の人格は出てこれねーのか? それにさっきからお前、自分の事オレオレ言うけど、サンドラッて言ったら女の名だろ? お前、性別は?


M子: オレの性別は女だ、他の人格も皆女だ、オレ達別人格はM子の中の人格だからな、だから性別も同一なのさ。 それと他の奴らは皆、個々に役割があって今は手が離せねーから出てこれねーんだぁ~!


コテチ: そ、そうか・・・w  そ、それで、お前はサンドラっていうけど、何人? 日本人じゃねーんだろ? 名前がサンドラだもんな? 他の人格にも人種あるのか?


M子: オレ達は全部M子の中の人格だから、日本人だぁ~!








あひゃひゃひゃひゃ(≧∀≦*) もうヤメテーッ! 死むー♪ 死むー♪



じゃあ、なんで「サンドラ」なんだよぉー?w







コテチ: 他の人格の名前にはどんな名前の人格がいるんだよ?w
(↑こみ上げる笑いを必死に抑えつつ会話してますw)


M子: 数えきれねーぐらいいるからなぁー、すぐには思い出せねー。


コテチ: お前さっき自分入れて25人って言ってたじゃねーかよ? 数人ぐらい分かるだろ?


M子: ・・・・・・・ ア、アニキ・・・  ウゥッ・・・


コテチ: あ? なんだ? どした?


M子: ウゥッ・・・ エ、M子は、もう、一週間、し、食事・・・ を、し、てねーん・・・だ・・・ だ、だから、こ、これ以上、話・・・ を続けると・・・ 命・・・ に、関わ・・・る・・・






   (@д@)/ は、はいぃーーーー?






コテチ: なんだよ飯食ってねーって? 生活費困ってんのか? それで飯食えねーのか?


M子: い、いや、そ、そうじゃ、なく・・・  ウウッ・・・ 金は困ってねー、  し、食欲がなくて・・・ 食ってねーんだ、こ、この馬鹿・・・ それに、外出もなく、一日中、窓も開けずに冷房つけた部屋にいるから、それで体調が・・・


コテチ: そんな事してりゃ、体調崩すの当たり前だろうがよ! 馬鹿じゃねーのかお前?


M子: あ、あぁ・・・  M子がな・・・


コテチ: お前も馬鹿だ! 人格変わっても主人格の心配してんなら、テメーの状態の時に何とかすりゃあいいじゃねーか! 今、そばに何か食う物ねーんか?


M子: 買い物行ってねーから、今はない・・・ こいつ(M子)は面倒臭がりだからな・・・





自分も同一だってさっき言ったばかりなのに・・・ 責任転換かよ?ww 

 



コテチ: んじゃあ、何でもいいから少しでも食えばいいじゃねーかよ? M子が食べねーんなら今、お前の人格のまま食えばいいじゃねーか? 水分は取ってるのか? 


M子: あ、あぁ、それは心配な・・・ い・・・  ア、アニキ、すまねー、もう、限界がきてるみたいだ・・・ M子を休ませねーと、本当にあぶねーところまで来た・・・


コテチ: だってM子、寝てんだろ今? お前、やっぱ矛盾してねーか? 他の人格の名前聞こうとしたら都合よく体調おかしくかるって、それやっぱ矛盾だろ?w お前、何がしたいん?


M子: いや、そういう事じゃねーんだ、すまねーアニキ、こ、これで終わる、M子に言ってやってくれ・・・ 言い聞かせてやってくれ、た、頼むぜ・・・


コテチ: あぁ、そ、そうか、分かった、んじゃ、このまま落とすぞ? んじゃな、ちゃんと少しでもいいから何か食えよ?w


M子: あ、あぁ・・・ わ、分かった・・・


コテチ: んじゃな、またな






プライバシーにも関わる事だから個人の事はあまり詳しくはこの場で言えないけど、この女性の存在に関しては、直接的な関係はないけど、「山奥日記」の管理者、「どんぐり帽子」は知ってるんだけどね、


この女性、自分自身でも言ってたし、オイラが映像通した見た目で間違いないと思うけど、


身長が158㎝で体重が約大台(100K)なのよ・・・ ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ!





なのでね、見た目、相当な、かなりの「おデ○チャン」でさ、

オイラも最初スカイプ画像で見た時は、久々に「キタァーーーーーッ!」て思ったけど

そんな物凄いおデ○ちゃんが、一週間物食ってねーからと言われてもさ、

あの巨漢見たらとても一週間何も食ってねーとは思えねーし、

ましてや、栄養失調とか言われたら余計笑えるし、ホント、何がしたかったんだろうと思うんよ。


根は素直で優しいし、心遣いもきちんと出来る人だと思ったんだけど、(←主人格)


とにかく、余りにも急な豹変だったのでオイラも何をどうしていいやらって感じでさ


スカイプ落とした後に解離性障害や多重人格について色々調べたんだけど、多重人格とは・・・




【解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい)は解離性障害の一種】で、

多重人格障害の旧称が表す通り、明確に独立した性格、記憶、属性を持つ複数の人格が1人の人間に現れるという症状を持つ。

ほとんどが人格の移り変わりによって高度の記憶喪失を伴うため、診断が遅れたり、誤診されることが非常に多い疾患である。つまりは精神科医療の分野でも正確な知識を持たない医師、臨床経験が無い医師が多く、精神科で受診しても治療不能となる場合も多々あるのが現状である。



と、あり、


解離とは、記憶や意識、知覚など、本来ならば一人の人間が連続して、かつ、統合して持っているべき精神機能がうまく統一されていない状態を指す。白昼夢に耽ってふと我を忘れるのは軽い解離の一例である。

一方、人間は想像を絶する苦痛に見舞われた場合に防衛機制として解離を起こすことがある。

痛覚などの知覚や、記憶、意識などを自我から切り離すことによって苦痛から逃れるのである。現実逃避と混同されがちだが、現実逃避が単なる遁走であるのに対し、解離は実際に痛みを全く感じなくなったり、苦痛の記憶が丸ごと消失したりする点で大きく異なる。




とも説明されている。


さらに、



【同一性】

人間は成長するに従って、その身体に対応した1つの確固とした人格とそれに対応した記憶がそれぞれ形成されてゆき、時間や場所が変わってもこれらが変化することはない。

自分の体は自分だけのものであり、自分の記憶は全て自分だけのものであり、いつどこにいようともそれが変化することはない。これを自我同一性と呼び、この疾患を持たない者にはごく当然のことである。



【解離性同一性障害】

解離性同一性障害は、この解離が高度に、かつ繰り返し起こることによって自我の同一性が損なわれる(同一性が複数存在するとも解釈できる)精神疾患である。

人間は(特に幼児期に)、繰り返し強い心的外傷(トラウマ)を受けた場合、自我を守るために、その心的外傷が自分とは違う「別の誰か」に起こったことだとして記憶や意識、知覚などを高度に解離してしまうことがある。

心的外傷を受けるたびに「別の誰か」になり代わり、それが終わると「元の自分」に戻って日常生活を続けるのである。

解離が進み、「別の誰か」になっている間の記憶や意識の喪失が顕著になり、あたかも「別の誰か」が一つの独立した人格を持っているかのようになって自己の同一性が高度に損なわれた状態が解離性同一性障害である。

事実、解離性同一性障害の患者は「別の誰か(以降、交代人格と呼ぶ)」になっている間のことを一切覚えていない事が多く、交代人格は交代人格で「普段の自分(主人格と呼ばれる)」とは独立した記憶を持っている事がほとんどである。

このような理由から、解離性同一性障害の患者のほとんどが幼児期に何らかの虐待、特に児童虐待を受けている。

なお、欧米にはイマジナリーフレンド(imaginary friend=想像上の友人)という概念があるが、これは幼少の子供に普通に見られる現象で成長するにつれ消失するのが普通である。イマジナリーフレンドが強いストレスにより交代人格化することはあり得るが、単なるイマジナリーフレンドを持つことでこの疾患と診断することはできない。このことは、DSMの定義にも明記されている。

「普段の自分」と「別の誰か」は基本的には上記のように別の記憶をもっているが、「別の誰か」が「普段の自分」に対し【記憶を引き継いでもいい】と判断した場合は、「普段の自分」に記憶が引き継がれる。

但し、「記憶の引継ぎ」のタイミングについては個人差があり、数日後若しくは数週間後に突然記憶が引き継がれるケースもあり「普段の自分」が困惑してしまうケースがある。





【性差】

解離性同一性障害に限らず、解離症状は主に女性の割合の方が男性より高い。成人女性は成人男性に比べておよそ3 - 9倍の頻度で診断される。また、確認される同一性の数についても女性の方が多いと言う研究結果が出ている。

なお、小児期では診断される割合の男女比はほぼ1:1だが、データが限られている上に、小児期はそもそも解離性同一性障害が引き起こされる原因の同一性や自我が未発達なために、解離性同一性障害の診断が難しく、正確な研究結果ではない。




と、説明されている。

*ウィキペディア・フリー百科事典より抜粋、転載。



今後も仕事を通しての付き合いはあると思うけど、


今回みたいな事が度々起こるんじゃどんな顔して接すればいいか分からんわ





実を言うとさ、オイラ本当は精神病でも疾患者でも何でもねーのよ・・・


まぁ、家庭を失ってしまった事に対しての寂しさは本当に今でもあるけど


あくまでもその記憶とうか、それのみだけの話でさ、他の事に関してはごく普通にしてるんよ。


で、病院でも何でも行ってるのは、「ある事情」で行ってるだけで、本当は病気を理由に行ってる訳じゃないんだよね。


オイラの周りの協力や、今後の「いざとなった時の対策」の為に行ってるだけで、本当は病気とは無縁なんよ。


このブログでもプロフに書いてある事はもう今のオイラにはないのね。


ここでオイラがこの説明をしてしまうと、オイラの人生、家庭を壊した張本人がオイラのこのブログを知ってるから、懲らしめの為に今まで起伏の激しい人格を演じてたのもあるんだけど、それが「ある事情」なんだけど。


これでまたオイラがそのストーカーにしつこくされる恐れが出る可能性は高まったけどさ、


心配してくれた方々には本当に申し訳なく思う次第で、ただただ謝罪の念しか出てこないけど、



でも、この、今回のオイラの仕事の関係者がこのような疾患を持ってる事を知ったらさ、


笑っちゃうとは言え、もう、演じてる事が心苦しくなってさ、


その原因がストーカーをされた事により人格変わったと聞けば余計黙っていらんねー訳で・・・


んで、カミングアウトする事にしたんだけど、








おい! 新潟市在住の長倉由美子!


旧姓・永井由美子!


テメーの事だ、このクソふしだら変態ストーカー看護師!


テメーが何年もオレのブログずっと覗いてんのはしってんだよっ!


もうテメーなんか怖くねー!


今までは俺はお前の子供達の事を考え、余りにも不憫だから4年もの間我慢してやったがな!


来るなら来てみろっ!


当時、お前の子供達はまだ未成年で複雑な年頃だったから俺は事を荒げぬよう辛抱したがな、今やその子供達も、もう成人しただろうしな! だから遠慮なく書いてやるが、こでれまた脅迫だの、個人情報保護法違反だの、人権侵害や名誉棄損だのと言ってきてみろ! 上等だ! 覚悟は出来てるんだよ! なんなら住所や電話番号まで載せてやろうかこのクソふしだらストーカーインチキ看護師!


けどな、今度こそ容赦しねーぞテメーッ!


元をたどれば全ての諸悪の根源は全部テメーなんだよ! このインチキストーカー!


テメーみたいな低級でふしだらな愚民がいるから苦しむ者が後を絶たないんだよ! いい年こいていつまでも男追いかけまわして感けてんじゃねーっつーんだよ、馬鹿野郎!


よく覚えとけ、クソふしだら変態ストーカー看護師!








ハァ~、すっきりしたぁ~ 。+゚(*ノ∀`*)。+゚





オイラは人を悪意を持って本気で傷付ける奴が大嫌いだし許さない!


だから、同じような事で苦しんでる人の気持ち、痛いほど分かる。



純粋に人を愛する、想いやる気持ちはいいけど、


相手の事を考えず、ただ自分の気持ちを一方的に押し付ける事は、その人の人生狂わせるような人への愛情は愛とは言わんよやっぱ・・・


”奪う、壊す”は、人の為、自分の為にならず。


思想は人により違うからケースバイケースだけど、


安心を与える事が自分への幸せに繋がると思う、オイラの持論だけどね。



皆様の幸せ願いつつ、本日はこれにて。




次回更新は、またお馬鹿でウィットに飛んだ内容でお送りしたい!w


とか言いつつ、クソ思いっきり重たい話だったりしてぇ~!
(ヤメテーッ!)







関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。