こんなのはじめてぇ~っ! コテチの一人遊び…

~のらりくらり~ と、オイラの何気ない「日々の出来事・想い」を「過去の忌々しい記憶」にとらわれながら綴っています…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな事までするんだ?

こうゆうニュース見ると


物凄く寂しく、悲しく思う・・・ 。゚・(o´PД`q) グスン・・・






~~~~~ ここから ~~~~~


【YAHOOトピックスより引用・転載】

■結婚指輪つぶし最後の共同作業…「離婚式」人気!

読売新聞 12月4日(土)18時7分配信


一緒にハンマーを握り、垂直に立てた指輪めがけて振り下ろす夫婦


厚生労働省によると、昨年の離婚件数は25万3353組で、2分4秒に1組が別れている計算だ。

東京では昨今、「離婚式」が人気を集めているという。

離婚式を再出発のための区切りにしたいということらしい。





8月下旬、東京・浅草。2台の人力車に別々に揺られた男女が到着したのは「離婚屋敷」だった。

参列者は20~30代ぐらいの15人。

正装の人や「御終儀」と大書された祝儀袋を持つ人も。ここで離婚式が始まるのだ。





会場は古い民家のガレージを転用した。冒頭、友人代表の女性(28)が「正直どう言っていいか悩みましたが、離婚しても友達でいてください」とあいさつ。

しんみりムードが漂う中、夫婦は目の前に置かれた結婚指輪を見つめ、一緒にハンマーを握った。

式を主催する千葉県浦安市の寺井広樹さん(30)が厳かに言う。

「二人で行う最後の共同作業ということになります」

次の瞬間、夫婦はハンマーを振り下ろした。ぐにゃり。指輪は折れ曲がった。





その指輪をカエルの形をしたモニュメントに入れ、式は終了。

友人代表であいさつした女性は、「お葬式とも違う悲しみがありますね」と戸惑い気味に語った。

 夫婦は2003年10月に結婚。6歳の長男がいる。

会社員の夫(34)と、居酒屋で働いていた妻(32)は生活がすれ違い、夫の浮気も発覚。約1年前から離婚に向けた話し合いを続けてきたという。

式後、夫は、「指輪をつぶすことでスッキリした」と笑顔を見せた。

元派遣会社社員の寺井さんが離婚式を個人で始めたのは昨年4月。評判は広がり、今年3月からは旅行会社と組んで「離婚式ツアー」を始めた。

これまで計54組が式を挙げ、来月下旬まで予約が埋まっているという。





都内のパート女性(41)は昨年12月、離婚から10年の節目に式を挙げた。

「2人の息子を育ててきた自分への区切りだと思って申し込んだ。

次の人生のステップになった気がします」と振り返る。

寺井さんは、「式を挙げたことで友人たちから励まされ、逆に離婚を思いとどまるご夫婦も1割程度いるんですよ」と話す。




~~~~~ ここまで ~~~~~





離婚式・・・




そんな事までしなきゃけじめつけられんのだろうか、なにも指輪まで潰さんでもと思う、なんか悲しい・・・



出会いと別れ、人には色々な事情でその出会いと別れがあるのだろけど


今回のケースは「夫の浮気、生活のすれ違いが原因」とあるけど、話し合いで何とかならなかったんかなぁ・・・






それに問題なのはその別れ方、このニュースから感じられる事は、



「あまりにも簡単過ぎるし楽観的」と言うイメージ。



本当に嫌いならば、互いに生理的に感情が拒否するならば、



別れて気持ちの整理もつき、解放感もあるやもしれんが、何故、笑顔が出るのかが分からん・・・



同席し、代表で社交辞令にも祝礼をしたご友人の心境はとても複雑だったと思うな。


「お葬式とも違う悲しみがありますね・・・」この心境とてもよく分かる気がする。



祝儀までもらってこんなセレモニーに参加したこの元夫婦はどんな人格でどんな感覚だったんだろう・・・?



他人の事なのでオイラの知った事ではないのは重々承知だが、



歩み寄り、時間を掛け話し合い、何とかして回避する事は出来なかったのだろうか。





簡単に別れんなよって感じ・・・



ましてや子供がいて親の立場なら余計簡単に遊びのように別れを考えんなよって。


命の危険が危ぶまれる状況でない限り、「不都合だから別れます」なんて簡単に決めんなよ・・・



それじゃなきゃ、簡単に遊び感覚で結婚なんかすんなって言いたい。





互いに苦しまなく、後腐れなく尾を引かない人生送れるならいいけどさ、


そうじゃない人がほとんどだし、何かしらリスク負ってメンタルな部分に傷負って別れてるんだから


初めはそうは思ってなかったかも知れないけど、


遊びのような感覚で結婚を考えて欲しくねーよな、やっぱ・・・


その間に生まれた子供が可哀そうに思えてくるわ。


夫婦ってさ、想い合い、助け合い、支え合い、励まし合い、協力し合いながら家庭を築いていくもんだと思うんよ、オイラの中ではこれが自然で当然だと思ってる。





この夫婦にはその気持ちはなかったのかなぁ・・・?


こんな儀式に参加するようなんだからなかったのかも知れんね、憶測だけど。





こんな事が流行りなんて、やはり時代の流れがそうしてるのだろうかね、なんか寂しいね、


到底オイラには受け入れん儀式だわ・・・






ちなみに、これを言うと「女々しい」だのなんだの色々と批難・否定の声もあろうかと思うけど、


オイラ、離婚して4年になり、縁は切れてしまったけど、未だに結婚指輪外してないんだよね。


って言うより外せないんだぁ、気持ちの問題なんだけど。


大事な大事な思いでで、別れても尚、今でも本当に大切に思ってる人との唯一の心の中での繋がり、証だから。




関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。